ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

ぶどうとホワイトリカーで、自家製・葡萄酒作り!

   

ぶどうで果実酒、葡萄酒〜じゃじゃーーーん!
ぴったり1キロの、このたわわな房が100バーツ、330円でした!
葡萄酒(ぶどう酒)を作るために買ってきたのですよ!
日本国内で作ると違法だ、という話もあるのですよね。

でも、ここタイだから、漬けちゃいますから!

「なんだなんだ!?」
とお皿に収まりきらない葡萄にうちの2匹も興味津々でした。ぶどうで果実酒、葡萄酒〜

ぶどうで果実酒、葡萄酒〜
ぶどう酒の作り方(最後に書いていますが、いろいろ間違ってます)

1. ぶどうを洗う(ぶどうの洗い方は、まず房についたままの状態で流水で洗い、水を張ったボールに入れて揺すり洗い、水を替えてしばらく置く。)
*葡萄酒を作る時には、ぶどうは洗っちゃダメっていう話をネットで読んだんですが、洗わないのはやっぱ無理。
2. 丁寧に房から外し、キッチンペーパーで拭いて水気をしっかり取る。ぶどうで果実酒、葡萄酒〜

3. 瓶に氷砂糖と一緒に入れていく。この瓶はダイソーで60バーツ、約198円でした。ぶどうと氷砂糖の量は運命を信じて適当です。
ぶどうで果実酒、葡萄酒〜

4. ホワイトリカーをたっぷり注ぐ。ぶどうで果実酒、葡萄酒〜

おわりっ!!!
蓋をしっかり閉めて、直射日光が当たらない場所に置いて様子を見ながら、ぶどう酒が出来上がるのを待ちます。

ネットで色々ぶどう酒作りの情報を見ると、ぶどう酒は比較的早く飲めるようになると書いてあって
「2週間でできた!」とか・・・
「3ヶ月葡萄を漬けて、葡萄を取り出して半年くらいから飲める。」とか。
イマイチどの情報を参考にしたらいいかわからないので、様子を見ながら、味見をしながら、いい具合になるのを待ちたいと思います。

ぶどう酒の変化は、またブログに書きます。ぶどうで果実酒、葡萄酒〜

紫色のぶどうと氷砂糖のコントラストがきれい。今は透明なホワイトリカーが紫色のお酒になるみたいなので、色の変化も楽しみです。ぶどうで果実酒、葡萄酒〜

飼い主が、せっせとぶどうを漬けていたその下で、心配そうに視線を送るへなさん。
「だいじょうぶかな・・・」ぶどうで果実酒、葡萄酒〜

数日後:早くも葡萄酒作り失敗点が発覚
葡萄酒を漬け始めて数日経ち、瓶を見てみると、蓋はしっかり閉じたはずなのに、瓶の表面がぬるぬる。
きれいに拭いても、しばらくするとまたぬるぬる。
よく見てみると、瓶の中でぶくぶくと小さい気泡ができていて、炭酸ガスが出ている状態でした。

失敗点⑴:ぶどうは発酵して炭酸ガスを発生させるので、ホワイトリカーを入れる量は瓶の7分目位までに!容器の中はスペースを空けておく必要がある!
失敗点⑵:蓋は固く閉じるんじゃなくて、発酵を促すために緩めに閉じて置いておくべき!!
失敗点⑶:きわめつけは、どうやらぶどうさん、潰してあげないといけないみたい!!!
こ、これはものすごい失敗なんじゃ・・・。知らなかったとはいえ、綺麗とか言ってる場合じゃなかった。ははは。

でも、今更ぶどうを出して潰して戻して・・・もちゃもちゃするのは、
「コンタミネーションしちゃうから良くない!」
と飼い主2が言うので、このまま様子を見ることになりました。
時間はかかるかもしれませんが、ぶどうを潰さずとも、ぶどう酒が出来上がると信じてみます。
へなさんの心配顔が頭をよぎりました。

つづき・・・
パイナップル酒・マンゴスチン酒・ブドウ酒の途中経過1
パイナップル酒・マンゴスチン酒・ブドウ酒の途中経過2

 - 趣味・家事, 飼い主のバンコク生活 ,