ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

年一の娯楽、タイランド ツーリズム フェスティバル 2018 レポ

   

2018年1月17日から21日の5日間にわたり、ルンピニ公園で開催されたタイ観光庁主催の「タイランド ツーリズム フェスティバル 2018 」へ行ってきました!
イサーン料理タイランド ツーリズム フェスティバルは、毎年この時期にルンピニ公園で開催されているイベントでタイ人からも外国人からも人気のタイフェスです。
白鳥ボートバンコクでは目にすることのできない地方ならではのタイ料理や加工食品、クラフト雑貨や衣料品などを、直接作り手から購入できるんです。
南タイ料理ショップだけじゃなく、ワークショップやコンサート、演劇やダンスショー、イルミネーションなど
タイ生活で不足しがちなエンターテイメントも盛り沢山!
藍染ワークショップショー各地の観光情報を提供するブースや観光名所をPRする展示、伝統芸能や伝統工芸の技術を紹介する実演ブースも面白いです。
花タイの楽器タイランドツーリズム フェスティバル 2018もちろん美味しい食べ物もいっぱい!
タイランドツーリズム フェスティバル 2018今回私たちが食べたものは、
タム カオポート ムーグロープ
ソムタムカオポートムーグロープカノムジン ナムヤー プー
カノムジンパッタイ グンソッド
パッタイグンアイティム マップラオ
ココナッツミルクアイスクリーム

その他、南タイ料理のサトーパッドガピとゲーンソム プラーガポン、
トードマングン、トードマンバムック、ネームプラー、ケップムーを買って帰りました。
マントードどの料理も美味しくて、はずれがなくて、逆にびっくりでした。
タイランドツーリズムフェスティバルでは、地元で有名なお店や人気のお店がブースで料理を出しているようです。
普段屋台のタイ料理が苦手な人でも、美味しいと思えるタイ料理が見つかるんじゃないかなぁ。

そして飲食ブースの他にも、物販ブースも充実しています。
刺繍が施されたコットンの服、山岳民族雑貨、バティックの布小物、いろんな素材のカゴバッグや木の器類など、特色あるショップが沢山出店していて、かなり見応えがありました。

チェンマイ旅行のブログで紹介したローンヒムカーオ コミュニティーもブースも発見。
*その時のブログはこちら(色とりどりの民族刺繍とクラフト雑貨を探すならこの村へ in チェンマイ
Loang Him Kao communityチェンマイクラフト

ステージで行われるショーは完全にプロだし、

写真を撮らずにはいられない、シェアせずにはいられない仕掛けがいっぱい。

1日じゃ見切れない程の規模の大きさで入場料無料!

そりゃあ何十万人も来るわけですよ。楽しいもん。

購入品:ナラティワートの水草カゴバッグ

南タイのイベントブースでゲットしたグラジュードという水草で作られたかごバッグを紹介します。南タイ水草かごバッグ深南部3 県の1つ、ナラティワートで作られているもので、ニスでテカテカしてないナチュラルな風合いがいい!
南タイ水草かごバッグつくりはしっかりしてるけど、柔らかくて軽いのもいい!
しかも、小さいカゴバッグが50バーツ(約170円)で大きいかごバッグが150バーツ(約500円)という堂々のプチプラ。
タイランド安心価格〜♪

朝から、かご2つ並べて、ニマニマしています。
大事にしようと思います。
南タイ水草かごバッグ

毎年レベルアップしているタイランドツーリズムフェスティバル!
きっと来年も行くでしょう。
満足満足♪

 - おでかけ・バンコク, 飼い主のバンコク生活 , , , , ,