ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

移転前のプロンポンTCDCリソースセンターでライブラリーを無料利用

   

プロンポン、エンポリアムのTCDCライブラリー2016年8月27日の土曜日に、プロンポンのエンポリアムの中にあるTCDCリソースセンターのライブラリーで、アート&デザイン本の読書を4時間ほど楽しんできました。

TCDCとは?

プロンポン、エンポリアムのTCDCライブラリーの横のカフェ TCDCとは、Thailand Creative & Design Center(タイランド クリエイティブ アンド デザインセンター)というタイ政府のアート&デザイン関連施設です。
TCDCでは単にアートやデザインに関する資料や情報などを集めるだけでなく、ギャラリーで行う企画展を通して、クリエーターに活躍するチャンスを与えたり、タイ国内外で活躍するアーティストによるワークショップなども頻繁に行い、タイ人クリエーターの育成や発展にも力を入れています。

アートやデザインに関わるタイ人なら、知らない人はいないです。

このTCDCのギャラリー、カフェ、ショップへは何度か行ったことがあったのですが、リソースセンターへは入ったことなかったんです。
なぜか?
それはTCDCのリソースセンターは会員制になっていて、年会費3600バーツだからですよ。
高いよ…。

TCDCリソースセンターは初回1日のみ無料で施設利用が可能

プロンポン、エンポリアムのTCDCライブラリーもうすぐTCDCがエンポリから、バンラックの中央郵便局ビルへ移転するということで、移転前に行ってみよう!という話になりました。
というのも、このリソースセンターは初回に限り無料でのお試し施設利用ができるからです。
プロンポン、エンポリアムのTCDCライブラリーinfoGuru 1日体験利用に必要なものはパスポートだけ。
カウンターで手続きをすると、1dayパスがもらえます。この1dayパスを使えば、1日限りは自由に出場や再入場ができます。
ライブラリーの中には、数台のimacがあったり、パソコンやスマホを充電できるようにコンセントもあるんですが、コンセントが使える席は限られてるので、週末で混んでたら使えないかも。
私たちが行った時も、デスクはいっぱいでしたし、コンセントも使えませんでした。

ライブラリーにはデザイン関連の本が5万5千冊以上

ライブラリー内にはアート&デザイン関連の本が5万5千冊以上あるそうです。
かなりの高さまで棚があり、いろんな国の本がデザインジャンル別に置かれていました。
英語とタイ語の本ばかりでしたが、日本語の本もありましたよ。
プロダクトデザイン、建築デザイン、グラフィックデザイン、キャラクターデザイン、服飾デザイン、テキスタイルデザイン、WEBデザイン、映像デザインの本・・・などなど、
幅広いジャンルのデザイン本が揃っててかなり見応えありです。

私と飼い主2の好物である、ローカルブランディング系の本も沢山あったので、かなり満足できました。

本以外だと、様々な素材を集めたマテリアルライブラリーがあります。
石やプラスチック、陶器や布などのデザインを創るためのマテリアルのサンプルが資料として集められているのでプロダクトデザイナーにはたまらない施設だと思います。
私は素材にはイマイチ心惹かれないのですが、マリメッコのテキスタイルのサンプルがあったので、かわいいなーと思って見てました。
行った時間が遅かった事もあり、4時間半だけの滞在になりましたが、午前中から行ってたら、丸一日ライブラリーにいたと思います。
エンポリアムのTCDCはあまり広さはないので、TCDCが移転先でどれだけ拡張されるのか楽しみです。

 - おでかけ・バンコク, 飼い主のバンコク生活