ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

タイ潮干狩りの名所!サムットソンクラームのドーンホイローへ行ってきた

   

バンコクからの日帰り観光「ドーンホイロー」

タイ・サムットソンクラームの地図2月末にバンコクから約72キロ南西にあるサムットソンクラーム県のドーンホイロー(ド)へ行ってきました。
ドーンホイローといえば、マテ貝の潮干狩りができる場所として有名ですが、
今回私たちは、到着時間が遅く潮干狩りはできませんでした。
じゃあ何しに行ったのか、そうそれは私も聞きたいです。
アヌサワリーのロットゥー乗り場バンコクからドーンホイローへの行き方
まずアヌサワリーのロットゥー乗り場からロットゥーに乗り、メークローンまで行きます。
メークローンまでの所用時間は約1時間半。
メークローンからはソンテウに乗り、約30分でドーンホイローに着きます。

メークローンの街はお店や屋台が立ち並び、人も車も多く賑やか。
メークローンの町の商店街メークローンの町の商店街で見た恐竜の浮輪メークローンの街の至る所で売っているプラトゥーさんたち。
タイの小さな魚丸い桶に入ったプラトゥー私たちがドーンホイローに着いたのは、午後4時過ぎ。
潮は満ちきっていました。
自宅を出てからアヌサワリーへ行くまでに、飼い主2の諸用にもちゃもちゃと4時間以上かかり、
完全に出遅れてしまいました。

海沿いの通りに並ぶ海鮮類の屋台を歩きながら見物。
ドーンホイロートの海沿いにある海鮮屋台のカニ、カブトガニエビカニサカナの他にも、日本では絶滅危惧種のカブトガニも売られてました。
ドーンホイロートの海沿いにある海鮮屋台のカニ、カブトガニ、えび 潮干狩りの名所ドーンホイロートの魚 潮干狩りの名所ドーンホイロートのかにとかに屋台のおばちゃん少し歩いた後は海沿いのシーフードレストラン「ラーン クンパオ」へ。
タイで潮干狩りドーンホイロートのシーフードレストランラーン クンパオのゆるキャラ、プラトゥーくん タイで潮干狩りができるドーンホイロートのラーンクンパオ店内は広くテーブルも沢山ありましたが、私たちが行った時間はガラガラでした。
海沿いのシーフードレストラン、ラーンクンパオそして強風吹きすさぶ海側のテーブルへ。
空はどんより曇り空。
日が全然出てなくて、海の風は冷たいし強いし、海の色はチャオプラヤ川と同じ茶色だし、
冷え性の私には、ただただ寒い思い出となりましたが、
むしろ寒いのが好きなタイ人の飼い主2は気持ちよかったようです。

サバイサバーイ、とな。ドーンホイロートのシーフードレストラン、ラーンクンパオ

この辺りは、プラトゥーの水揚げが有名な場所でもあります。
お店にはプラトゥーバーガーなど、プラトゥーのおすすめ料理がたくさん。
が!!!
・・・私プラトゥー好きじゃない・・・。
骨も面倒だし、味もあんまり美味しくない。というか普通。
「名物のプラトゥー」と「はっきり言わないけどプラトゥーを注文したそうな飼い主2」は無視して注文を決めました。
海老・・・ふつー。
ドーンホイロートのシーフードレストラン、ラーンクンパオの海老料理カニたっぷりチャーハン。
これは香ばしくてカニも生臭くなくて美味しかった!
ドーンホイロートのシーフードレストラン、ラーンクンパオの料理ソムタム・・・おいしくはない。
ドーンホイロートのシーフードレストラン、ラーンクンパオの海老料理魚の揚げ物・・・普通。
ドーンホイロートのシーフードレストラン、ラーンクンパオの料理さみしげな飼い主2。いつもわがままばっかり言ってごめんよ。
そういえば、マテ貝も食べなかったね。
ドーンホイロートのシーフードレストラン、ラーンクンパオ飼い主2が見ていた海はこちら。
ドーンホイロートの海上の階にはテラス席もありました。
さらに上に上がれるビューポイントもあったけど、寒いし、海は別に綺麗じゃないし、上がらず。

実はこの日、本当はアンパワーへ行く予定だったんです。
この日は私の誕生日だったので、「行きたいところに連れてくよ!」と言ってくれていたのに、
なぜか思いつき&独断でアンパワー行きのソンテウではなく、ドーンホイローへのソンテウに乗り込んだ飼い主2。
ソンテウに乗って10分ほど経ってからアンパワーに向かっていないことを知った私は、
それ以降、時間を追うごとに不機嫌を重ねていきました。
そりゃぁもう口数少なでした。

今から思えば、誕生日だから海が見えるレストランって思ったのかな…わからないけど…

ラーンクンパオを出たのは夕方5時半過ぎだったのですが、メークローンの街へのソンテウが知らぬ間に終わってしまっていて、ヒッチハイクをして帰りました。

親切な農家の方の荷台に乗せていただいて、どうにか街まで舞い戻ることができましたが、
道路にタクシーが走っているような場所じゃないので、
そうでなければ2時間以上かけて歩かなきゃいけなかったな…。
ありがとう、サムットソンクラームの優しい方。

結局、時間的にアンパワーへも行けず、
メークローンで入ったトイレで私の人生の中で最悪のマレーンサープ攻撃を受けたこともあり、
帰りのロットゥーの中では不機嫌を通り越して、意気消沈となった貧弱な私。
見兼ねた飼い主2がエカマイのバーへ連れて行ってくれて、ようやく機嫌を取り戻した誕生日でした。

今度はちゃんと潮干狩りしたい!
いや、その前にアンパワー行きたい!!!

 - 旅行, 飼い主のバンコク生活