ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

古代米(赤米)で玄米生活

   

バンコクのスーパー、タイの米事情

タイ人の主食は米です。基本的には白米です。タイの一部ではもち米も主食になってるようです。
麺類もよく食べますが、特に米にこだわるタイ人、小さめのスーパーでも何十種類ものたくさんのお米が並んでいます。
タイ産の日本米も人気があるので、どこででも手に入ります。タイのスーパーで買える米値段は安いものは5キロ65バーツ、約200円位から、高いものは5キロ1000バーツ、約3300円位です。

タラートでは、お米の量り売りもあります。スーパーよりさらに安いです。
でも、虫が入ってたりします。

タイの赤米玄米のミックス米

お米の話をしたのは、昨日スーパーで、古代米の一種、赤米玄米5%ミックスのお米を買って来たからです。
2キロで120バーツ、約394円でした。

ちなみに普段は5キロ150バーツ位のタイ米を買っています。

思いつきで健康志向なお米を買ってみたのです。タイで古代米の赤米玄米ミックスお米と水は1:1.3の割合で炊きます。

パッケージには洗わなくてもいい無洗米だと表記されてましたが、私は一応洗う。

それから、赤米の炊き方としては、1時間くらい水に浸け置いてから炊くというのが一般的な炊き方のようです。

でも私は浸けずに炊いてました。

炊き上がると、白米もうっすら桜色に染まります。

初めて赤米ミックスを食べた時には、柔らかくて食べやすいけど、玄米独特の風味が苦手だなと思いました。

ところが、最初に食べた時に気になった玄米の香りは、2回目以降まったく気にならなくなりました。不思議。

赤米の良さについて

赤米にはポリフェノールの一種であるタンニンが含まれています。(ワインなどにも含まれています)
ポリ フェノールは抗酸化作用があるので、生活習慣病の予防などで注目を浴びています。
特にタンニンには、過酸化脂質の生成を抑える作用があり、老化防止効果や 発ガン抑制作用もあるといわれています。

百笑倶楽部・・・古代米について

実際に赤米食を続けている友達によると、
「お通じが良くなって、肌の調子も良いくなった。アレルギー体質も改善したし、疲れにくくなって、いい事尽くめだ!」
とのコト。
続けることで、冷房が強いところに行くと下痢になるこの体質が改善されないかなー。無理か。タイで古代米の赤米玄米ミックスバンコクはお米の種類が豊富で値段も安いので日本より選択肢が広がって嬉しい。

タイのお米生活もいいもんです。

健康志向の玄米生活は続いたのか?

追記 2015年11月15日
赤米ミックス美味しい!余裕で続けられるわ!と思っていたのです。
・・・でも飽き性な飼い主2が、他のお米も試したいと言い出し、赤米がなくなるとブラウンライスを買いました。
ブラウンライスも最初に食べた時は、おいしくない・・・と思ったのですがなぜか2回目以降は普通においしかったです。
バンコクのブラウンライスこの機会に、色々なお米を試すのもいいかもと思っていたら、
ブラウンライスなき後、飼い主2が買ってきたのは普通のタイ米、ジャスミンライス。
「え、玄米にしようって言ったじゃん!」
「まだ玄米食べたいの?」
「えっ…自分が体にいいから、玄米に変えようって言い出したくせに!続ける気なしか!」
で、ただいま5キロのジャスミンライスを消費中。
玄米生活を続けることは、かないませんでした。

続けるって難しい。

 - 趣味・家事, 飼い主のバンコク生活 , ,