ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

ばあちゃんの味とカボチャのタイスイーツ・ファックトーン サンカヤー

   

素朴で優しい味わいのタイのお菓子

カボチャのタイスイーツ・ファックトーン サンカヤーこのおやつは、かぼちゃを使ったタイのお菓子「ファック トーン サンカヤー」といいます。
バンコク在住の方なら、誰でも目にしたことのあるタイのお菓子。カボチャのタイスイーツ・ファックトーン サンカヤー味はどんな感じかというと、
かぼちゃの中に入っているサンカヤーはココナッツミルクと卵とパームシュガーでできているので、もちろんとても甘い。

でもファックトーン(かぼちゃ)は味付けなしなので、そのままの蒸したかぼちゃの味なので素朴な味。

だからサンカヤーとかぼちゃを一緒に食べると、甘さが抑えられて食べやすい。
私は口の中がもこもこするし、野菜なのに甘い感じも舌が混乱するので、あんまり好きじゃない。

トッピングされているオレンジ色の糸みたいなものはフォーイ トーンといって、卵の黄身を砂糖水に細く垂らして糸状に作るタイのお菓子。これも甘い。
この味もやっぱり、嫌いではないけど、あんまり好きじゃない。

道端でタイ人のおばあちゃんが自分で作ったファックトーン サンカヤーを売ってるのをよく見ます。
私が買ってきたファックトーンサンカヤーも、マンゴー売りのおばあちゃんが作ったもの。
このファックトーンサンカヤーは、ばあちゃんが作る昔ながらのおやつって感じなのかなー。

全く関係ないけど、私のばあちゃんは、よく謎のフルーツミックスジュースを作ってくれました。
どうやら、バナナとりんごとはちみつを入れていることは確かで、それ以外にも野菜を入れていたと思います。
ぬるくて甘ったるくて、野菜の草っぽい匂いがして全然おいしくなかった。
いや、時にはまずかったかもしれない。

でもばあちゃんが満面の笑みで持ってくるグラスいっぱいに入ったジュースを受け取って、
私が
「おいしい〜」
と言うと、ばあちゃんが
「そうけ?あーよかったよかった。体にもいいから、全部飲まれ!」
と言ってくれる会話が最高に好きでした。
あれはいわゆる幸せの味ってやつだったなと思う。

タイのおばあちゃんたちの手作りの味、ファックトーンサンカヤーを食べながら、自分のばあちゃんのことを考えていたら、かぼちゃの優しい味わいや舌触りが、結構好きかもしれないと思えてきた。
味を好きになるには、思い出や思い入れも大事だよなぁ。
これからもバンコクで住んで行くんだから、好きなタイ料理をもっと増やせるといいな。
いい思い出を沢山作らねば。

 - タイ料理・食堂, 飼い主のバンコク生活