ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

プラクルアンを忘れずに。

   

ほとんどのタイ人が身に付けているもの、と言えばプラクルアン。
首から下げるネックレスのようなお守りです。
実は私も持っています。
飼い主2と入籍した時に、彼のパパとママから頂きました。
それ以来、私も外出時は毎日プラクルアンを身に付けています。

…という事になっていますが、
実際は普段身に付ける事はなく、もっぱら部屋での保管です。
でもタイの家族には、しっかり毎日付けていると言ってあるわけですよ。

と言うのも、飼い主2が、
「危ないから付けない方がいい」と言うんです。

私のプラクルアンのチェーンは、がっつり金チェーンなのですが、
この金を狙ったひったくりが結構あるらしい。
バイクで後ろから走ってきて、横を通り過ぎる瞬間に首元から見えている金チェーンを掴み、思いっきりひっぱる!そして奪い去っていく、という。

いや怖すぎ。

だから、身に付けるのは仏教行事で近所のワットへ行く時と帰郷などでパパやママに会う時だけにしています。
タイのお守りプラクルアン

でも普段から身に付けていないと、ついつい忘れてしまうもので、
前回パパママがバンコクに上京し迎えに行く時、すっかり付け忘れてしまいました。
「まぁバレないだろう」
と思っていたら、会って速攻バレたのでした。

「プラクルアンどうしたよ」
と突っ込まれ、
「忘れてきちゃった…」
と言うと、
「タマーーーーーーーイ!!!!(なんでよーーー)」
「普段付けていないんじゃないか?」
「外に出る時は付けなきゃダメ」
「もしかしてやっぱり普段付けていないんじゃないか?」
「あなたを守ってくれるんだから」
and「 普段付けていないなんてことは絶対にないわよね?」

と、かなりの圧力(繰り返してくる)を感じることになってしまったわけです。

祈るパパとママ@ダムヌン サドゥアック 水上マーケットそばのワットバーンクン
ダムヌン サドゥアック 水上マーケット祈るパパとママ@ワット・プラ・パトム・チェディ(ナコンパトム)ナコンパトム信仰心の強いパパとママを安心させてあげたいし、プラクルアンを贈ってくれた気持ちに感謝しているので、ちゃんと大切にしなきゃと思っています。本当に。

来月のハジャイ帰郷時には絶対にプラクルアンを忘れないようにしなければ!と思い、ちょっとブログに書いてみた次第です。

 - タイ生活, 飼い主のバンコク生活 , ,