ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

チェンマイの青梅を使った簡単・自家製梅酒の作り方

   

チェンマイの梅で自家製梅酒作り

梅酒を作るための準備

初・梅酒作りに挑戦した初心者なのに恐縮ですが、来年また作るための備忘録。

自家製梅酒作りに必要な物は4つ。

・大きめ容器
・梅を漬けるお酒・・・1.8L
・氷砂糖・・・500g-1kg (好みで調整)
・梅・・・1kg

梅酒と梅干し用の容器は、オンヌット通りとシーナカリン通りの交差点の近くにあるタラートの前にある生活用品店で買いました。バンコクの生活雑貨のお店でガラスキャニスターを購入ド・ローカルショップで、おしゃれ雑貨屋にありそうな、かわいいりんごのガラスキャニスターが売られていました。
3つ買ったので、少ーし値引きしてくれて小さいキャニスターの容量が3Lで150バーツ、大きいガラスキャニスターが4Lで170バーツでした。バンコクの金物屋で買ったりんごのガラスのキャニスター こういう梅干しっぽい(?)クラシックなガラス容器もいいですね。
バンコクの生活雑貨のお店で探すガラスキャニスター梅酒用ガラス容器お酒は、テスコロータスでタイのホワイトスピリッツを買いました。
この写真の3種類のお酒は全部ホワイトスピリッツで、大体700ML入っていて、左から154バーツ・140バーツ・147バーツです。
タイ人が果実酒を作るときは、これを使っているらしく、タイのホワイトリカーですね。
テスコロータスでホワイトリカー(ホワイトスピリッツ)を購入そして梅酒に使う傷なし青梅さんたち。
どうして傷なしの青梅を使うかというと、青梅のアクを抜くために、お酒に漬ける前の数時間、水にさらします。
その際に傷があると、梅の実に水が入り込んで変色&ブヨブヨしちゃいます。
痛みのある梅だと、どうしても梅酒がカビやすくなっちゃうわけですね。
というわけで、傷なし青梅を使いました。
チェンマイの梅で自家製梅酒作り氷砂糖は、タラートで2キロで70バーツくらいでした。
これで、自家製梅酒作りに必要な物が全部揃ったので、早速仕込みましょー。

青梅を使った自家製梅酒の作り方

チェンマイの梅で自家製梅酒作り①青梅を1つずつ水で洗う。
②水をたっぷり張った大きなボールやお鍋に梅を入れて、5時間ほど水にさらす。
③竹串でヘタを取る。
④水が付いているとカビの原因になるので、水分が残らないようにしっかり拭き取る。
⑤きれいに消毒したガラスのキャニスターに、梅と角砂糖を交互に入れていきます。
チェンマイの梅で自家製梅酒作り⑥そしてお酒をイン!
チェンマイの梅で自家製梅酒作りで、ドドン!!!
チェンマイの梅で自家製梅酒作り1番左は、氷砂糖ではなく蜂蜜を使いました。蜂蜜梅酒・・・ふ、ふ、ふふふふふふ。
楽しみすぎる。

翌日。
青梅が黄色くなりました。ナゼ???ナゼなの???
まぁいいか。チェンマイの梅で自家製梅酒作りそして、開けてみると・・・
チェンマイの梅で自家製梅酒作り小さいゴミのような白い浮遊物が沢山出てきた。
心配すぎる!
カビなのか?
君はカビなのか???
アルコール度数は40度で砂糖も入ってるが、カビなのか?

あーーーー蜂蜜梅酒以外全部に出てるーーー!
角砂糖に付いてたゴミなのか?
いや、だとしたら昨日の時点で目視出来ていたはずである。
仕方ない、見なかったことにしよう。
気のせいだ。白い浮遊物なんてなかった。(と思おう)

自家製梅酒は3ヶ月くらい経ったら飲めるようになり、
それ以降は時間をおくほどにまろやかな梅酒になっていくようです。

(そしてきっと白いゴミみたいなものは、きっとその頃には消えているはずだ・・・。そうだといいな。)

追記:2016年6月15日

自家製梅酒3ヶ月目漬けて3ヶ月で梅酒はこんなに綺麗な色になりました。
美味しい梅酒が出来上がっていてかなり満足!
瓶によって砂糖や梅の量を変えたので、甘味や酸味がそれぞれ違う、色んな味が楽しめてます。
これは来年も絶対に作らねば!

*気になっていた白いものは、やっぱり出てきます。
一応布で漉して飲んでますが、お腹を壊したりしてないし、無害な酵母菌なのかなと思ってます。

 - 趣味・家事, 飼い主のバンコク生活