ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

タイ・パンガン島フルムーンパーティじゃない時の観光のすすめ②

   

パンガン島観光2日目の記録

1日目のブログはこちら→(タイ・パンガン島フルムーンパーティじゃない時の観光のすすめ①

朝起きたら、これまた、とんでもなくひどい雨でした。
寒いなぁと思いつつ、ホテルのカフェへ行って朝食。雨だけどカフェから見える景色が綺麗だから気分がいい。

パンガン島朝食食後は、今日はどこにもいけないかもなぁと思いながら部屋でゴロゴロ。
バルコニーのハンモックはいい仕事してくれました。
自分の部屋にもハンモックが欲しくなった。
でもこのオーシャンビューとセットじゃないと、ハンモックの良さが発揮されないか。
クッキーズサラドビーチリゾート

適当にぶらぶら走り回るパンガン島

お昼前には雨が止んでくれたのでバイクに乗って島内散策開始。
飼い主2は、旅行のとき、現地の情報をネットで調べまてん。(そもそも彼はスマホじゃないし、ガラケーだし、ネット見れないし)
予定をきめきめで旅するの嫌いらしい。
あと口コミとかで選ぶのとかも嫌いらしい。
ホテルは私がチョーーーーゴリ押しして、予約してから来たんですけどね。

ってことで、島内を走りながら、地図を片手になんとなく散策しました。

走っていたら、「マリブビーチ・コチラ!」的な看板を発見。なんか
「マリブビーチって名前よくない?」
と言いながら入ってみた。駐車場にいたおじさんは入っていいよって言ってたけど、バンガローのプライベートビーチだったのかな?全然人がいなかった。
いや、普段からこんな感じなのかな。
パンガン島マリブビーチ帰って来てから調べたら、どうやらマリブビーチバンガローマリブ ビーチ バンガローズ Malibu Beach Bungalows
っていうバンガローが管理してたっぽい。
ホワイトサンドに、ポコ・ポコ・ポコとかわいい木がたくさん植えてあって、他のビーチと違う感じの個性的な?ビーチでした。
パンガン島マリブビーチ

ここはコムビーチ。コムビーチにはイノシシのような大きいぶたちゃんが1匹いました。怖かった。
パンガン島コムビーチ水はもちろんきれいだったけど、風も強かったし、雨上がりだったし、海の青さはやっぱりあんまり感じられず。

パンガン島コムビーチ

その後、地図を見ながらボトルビーチに向かおうと山の方へ坂を登ってたんだけど、途中から道が整備されてなくて、徒歩でしかいけない事が発覚し断念。
パンガン島コムビーチ次は、タイの王様ラマ5世ゆかりの滝があるから見に行きたい!と飼い主2が言うので、地図を見ながら滝の方へ向かいました。

道中は、ホームメイドヨーグルトのお店がないかなぁと周りを見ながら走ってました。
飼い主2が、パンガン島ではホームメイドのヨーグルトを作っている人が多くて、それが美味しいという話を、昔なんかの本で読んだことがあるらしい。

滝のあるタンサデット国立公園の入り口に到着。
ハイキングできるように道が作ってあった。入り口から、15分くらい登ってペーン滝に到着。
パンガン島ペーンヤイ滝うーーん・・・なんか微妙。富山の称名滝とか熊本の鍋が滝位の素敵な滝をイメージしてたから、なんだ、こんなもんかと。
でも山の中を歩いたのは緑がいっぱいで、空気がしっとりひんやりしてて気持ち良かった。パンガン島ペーン滝で、私たち2人はてっきりここがラマ5世ゆかりの滝だと思い込んでいたのだけど、今ネットで調べてたらラマ5世とは関係のない滝だったらしい。
なんでそうなった。
あほうやな。

私たちが見たペーンヤイ滝もペーンノイ滝も王様の滝ではなくて、タンサデット公園の中のタンサデット滝に行かないといけなかったらしい。
タンサデット国立公園がかなり広かったわけなのですが、公園の名前の看板を見た飼い主2はタンサデット滝に着いた!と思ったみたい。
ハイキング口には王様の写真とかも展示されてたしなぁ。
さっきこの事を飼い主2に話したら、悲しそうにしてた・・・言わなければ良かった。

お昼ご飯を食べてまた走る走る。
ホームメイドヨーグルトの看板を掲げてるお店をやっと発見したんだけど、もうお店自体やめちゃってた。残念。
そこからしばらく走っていたら、ものすごーーく立派なトン・ヤーンの木発見!
巨木!

写真には1本しか写ってないけど、ちょっと離れた場所にももう1本巨木がありました。
近づいて見ると、有名な巨木らしくちゃんと案内板が設置されてました。
このトンヤーンの樹木の正式名はヤーンナーヤイ。
この木はタイ王国で最も木の幹が太いヤーンナーの木で樹齢400年以上と言われているらしい。
パンガン島巨木

ワットポーのハーバルサウナで休憩

自分たちがどこにいるかよくわからないまま走っていたら、道沿いにハーバルサウナの看板が!
通りから看板の奥へと入ってみると、パンガン島のお寺「ワットポー」が運営しているハーバルサウナへ。
パンガン島ハーバルサウナサウナの楽しみ方は、外のカーテンで仕切られた場所で服を脱いで、布を体に巻いていい感じに隠しつつ、男女別のサウナ室へイン。
数分したら、外に出て水シャワーを浴びて、また中に入る。を繰り返す様です。
私は外で待ってたのですが、すごーく気持ち良かったみたい。

サンセットは山の上から

その後、大通りから少し外れる感じになる道の入り口で、旅人のアンテナをくすぐる看板に出会い、夕日を求めて山の方へ坂道を走りました。パンガン島夕日が見えるバー家も小屋もない山道を走っていくと、ちょっと開けた場所にレストランがありました。
パンガン島夕日が見えるバーちょー曇り空で夕日は見えなかったけど、サムイ島(多分)を望める絶景パノラマビュー!
お店の人が、
「こんなにいい景色なのにお客さんが全然来ないから、フェイスブックやインスタでシェアしてね!」
って言ってたけど、お店の名前忘れちゃった・・・。

ハードリンでヨーグルト発見!

暗くなってから、一応行っておこう!とフルムーンパーティのパーティ会場として有名なハードリンへ行きました。ビーチに入っていく手前のお店で私の目に飛び込んできたのは・・・パンガン島手作りヨーグルトあった!!!ヨーグルトーー!!!
ということで、蜂蜜をトッピングしてもらい、1ついただきました。
このヨーグルト、プルプルでおいしーおいしー。
甘みと酸味が少し、欧米人とか日本人が好きそうな自然な味。
パンガン島ではお酒で胃腸を酷使する人が多そうだから、ヨーグルトはいいのかも。パンガン島手作りヨーグルト私たちが行った時ハードリンは本当に風が強くて、寒かったしビーチを歩くのは怖いくらいだったので、結局ビーチの方には行きませんでした。
その後近くの海沿いのレストランでパスタとピザを食べて、ホテルの帰り道でお祭りをやってたので入ってみたり(とても普通だった)、パンティップマーケットっていう食べ物屋台のマーケットでカオゲーンを買って帰りました。

パンガン島での2泊は雨で肌寒いくらいだったけど、逆に日焼けしなくて良かったかも。
楽しかったーと思いながらホテルでぐっすり休みました。

という事で、続きは次のブログに書こうと思います。(タイ・パンガン島フルムーンパーティじゃない時の観光のすすめ③スラタニへ

 - 旅行, 飼い主のバンコク生活