ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

お土産にタイ各地の特産品・民芸品を買うならOTOP かわいいヘンプ製品ならHEMP THAI

   

シーナカリン通りのThanya park

OTOP(One Tambon One Product Concept)のショップ、「OTOP TOWN」が入っているショッピングセンター「Thanya park」へ行ってきました。

このショッピングモールは、まず観光客は来ないであろうシーナカリン通りにあります。
外から見るといつも人がいないので、もうすぐ潰れるんだろうなと勝手に思っていました。
でも、オートップショップが入っていたんですね、知らなかったです。

オートップとは何かというと、

OTOP(One Tambon One Product Concept)= 一村一製品運動
一村一製品運動(いっそんいちせいひんうんどう、One Tambon One Product ConceptあるいはOTOP、หนื่งตำบลหหนื่งผลิตภัณท์)は、タイの首相であるタクシン・チナワットによって提案された地域おこし運動。町ごとに特産品を作ることで経済の活発化を図った。

Wikipedia  一村一製品運動 より

ということで、
オートップのショップではタイの各地で作られた特産品・民芸品が販売されています。
今度帰国するときのお土産の参考にしようと覗いてきました。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト初めて昼間にタンヤパークに入ったのですが、広い駐車場は上の階まで車でいっぱい。
かなりびっくり。
ただショッピングモールのお客さんではなく、施設内にある政府のオフィスにタイ人がパスポートを作りに来ているらしい。
ショッピングモールゾーンには人はほとんどいませんでした。
すぐ近くまで、あんなに人が来ているのにもったいない…。
がんばれタンヤパーク!

OTOP TOWN

そして、タンヤパークのオートップショップがこちら。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

バンコクにいるとたまに見かけるOTOPのイベントや、スクンビットのショップにも、1度も入ったことがありませんでした。
わーい、初オートップ!

広い店内は、「売り物をとりあえず置いたぞ」もしくは「等間隔にならべてみました!」という感じでディスプレーは全然イケてませんでしたが、商品はかなり豊富で見応えがありました。

せっかくなので、いくつか紹介します。
タイっぽいマンゴスチンの形の炭。クローゼットの匂い取りに使うそうです。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

カゴ各種。カゴ好きには堪らない品揃え。カゴ屋?くらいのレベルでカゴだらけでした。バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

手染めの布を使った雑貨も。ポーチ、ヘアバンド共に各25バーツ、約84円。バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

ハーブティーとして飲むドライバタフライピーやドライマトゥム。バンコクでスパの後によく出される女性に人気のお茶。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

そしてカノムジンのカラフルバージョン。(普通は白い)
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

沢山の商品の中で欲しいと思ったものが1つだけありました。こちらのニワトリのカゴです。
むむむかわいいじゃないか・・・サイズはいろいろで、値段は90バーツから250バーツ位。結局買わなかったけど、このニワトリさん達の事は覚えておこう。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

店内には15分位いましたが、私たち以外には客はおらず、店員さんたちしかいませんでした。

ちなみに、スクンビット沿いのプルンチットの方にもカフェと併設した大き目のOTOPの店ショップがあります。そっちの方がアクセスはいいし、雰囲気も良さそうな気がします。(行った事ないけど)
OTOPのFacebook : https://www.facebook.com/otopinthecity

*追記:2016年8月6日
プルンチットのOTOP行ってきました。しょぼいです。タンヤパークの方が大きいし、商品も多いです。

ヘンプタイ

そして、このOTOP TOWNの真上に、ヘンププロダクトを取り扱うショップが見えたので行ってきました。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト かばん、ポーチ、ぬいぐるみ、抱きまくら、Tシャツからワンピースまで触り心地のいいヘンプ製品が揃っていました。このトートは1200バーツ、約4032円。
・・・いい値段しよる。
でもデザインも素材も裁縫もしっかりしていて、この値段でも納得できるな。
シンプルな無地のヘンプTシャツも同じく1200バーツくらいでした。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

他にも、色々とかわいい物がありました。キッズ用のヘンプワンピもかわいかった。写真は、ヘンプのマルチケースです。バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクトかわいいけど、ちょっと高いなぁ・・・と思いながらお店を出ようとしたら、こんなサインがありました。
バンコクのお土産にもよさそうなOTOPプロダクト

そうね、そうよね。
この文章好きだなと思いつつ、やっぱり何も買わずにお店を後にしました。

家に帰ってからホームページを見て分かったのですが、
今年の夏には、大阪での展示会にも参加していたようです。
日本人へのギフトとしても喜ばれそうな物がいっぱいあったので、今度プレゼントを探す時にまた見に行こうと思います。

観光でバンコクに来た人たちにとっても、タイの高品質なヘンプ製品はお土産としていいと思うけど、ちょっとシーナカリンは行きづらいよなぁ・・・。

HEMP THAIのホームページ:http://www.hempthai.com/

追記:2017年6月17日
久々にタンヤパークへ行って、OTOPを見てきました。
商品がかなり減ってました。
再入荷とか、ずっとしてなさそうな感じ。
店内は相変わらず人影なし。スタッフすら、いませんでした。

そして、HEMP THAIの店舗…なくなってました。
がんばれタンヤパーク。

 - タイ生活, 飼い主のバンコク生活 ,