ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

タルタオ島&カイ島経由でリペ島へ行ってきました 2018

   

マレーシア国境に程近い タイのモルディブと呼ばれるリペ島

リペ島の行き方この5年間、私の中で『行きたい島ナンバー1』だったリペ島。
ずっと行きたかったけど、アクセスが悪いイメージが強くて、なかなか足が向かなかったんです。

今回、中国正月でハジャイに帰郷したついでに、
ハジャイからリペ島へ2泊3日で行ってきました!
(ハジャイ帰郷の時のブログはこちら→ 2018年の春節 ワンティアオ in ハジャイ 新年の中国寺院巡り )

念願のリペ島旅行の記録です。

ハジャイからリペ島への行き方

ハジャイ市内からリペ島へは、まずサトゥン県のパクバラ桟橋(パクバラ港)へ行き、
パクバラ桟橋からリペ島行きのスピードボートに乗ります。

私たちは、ツアー会社 ティアオサヌックで、
ハジャイ市内からリペ島への往復ジョイントチケットを購入。
ロットゥー+スピードボート+小舟チケット付で1人往復1100バーツでした。

以下、実際の旅程

9:00 家の近所でロットゥー(ミニバン)と待ち合わせ&時間通り出発

10:45 パクバラ桟橋到着

12:00 予定の30分遅れでスピードボート出港

12:40 タルタオ島休憩40分

13:50 カイ島休憩40分

15:00 予定の1時間半遅れでリペ島到着

リペ島へ行く途中に立ち寄った2つの島

タルタオ島

リペ島を含む51の島々から成るタルタオ海洋国立公園の中で最も大きな島、タルタオ島。過去に流刑地だった歴史がある島です。

スピードボートの乗客は奥に歩いて行くほど時間はなかったので、
皆、整備された島の入り口周辺をウロウロしながら記念撮影してました。
リペ島船から降りてすぐのビーチには、めっちゃ動きが速い白い蟹がいっぱいいます。

追いかけますよね。

波打ち際の浅瀬を歩くと、キラキラ光る小魚の群れが足に触れます。

水が透き通っていて、波がほとんどなかったので、魚がはっきり見えるんです。

まぁ、追いかけますよね。

・・・楽しいわけですよ!

リペ島への行き方リペ島

カイ島

絵本に出てきそうな南の島!小さな無人島です。リペ島サラッサラのホワイトサンド。
リペ島への行き方透明度やば!リペ島わくわく感やば!
リペ島の行き方モアナだ。完全にモアナの世界だ、これは。リペ島海は綺麗だし、景色は素晴らしいし、まだ目的地のリペ島に着いていないのに、
「来て良かった!最高!」
って何度も何度も言ってました。

こんな楽園スポットに寄り道できるなら、スピードボートでの移動も苦じゃない!と。

でもねぇ…

実は行きも帰りもエンジントラブルで、
他のスピードボートに迎えに来てもらうという残念なおまけ付きだったんです。

大海原で動かなくなったスピードボートに揺られていると、少し不安になるし、
先を急ぐファラン数名がご立腹で、ボート内の雰囲気は悪くなるし、
やっぱりリペ島への道のりはちょっと難あり、かなぁ。

しかもこれ、突発的な事故じゃなくて、乗せすぎによるエンジンの馬力不足。
絶対に織り込み済みでしょ。

行きのスピードボートには、リペ島直行便とタルタオ島&カイ島への経由便があるようです。
気になる場合は直接確認した方がいいかも。

SATUN PAKBARA SPEEDBOAT CLUB 運行スケジュール

って感じで、ハジャイ市内から6時間、リペ島のサンライズビーチに到着しました。

船の中で不機嫌を爆発させてたファランたちは島に着いた途端、嘘みたいににっこり。
怒りも疲れも吹き飛ばすリペ島の魅力を到着早々垣間見ました。
サンライズビーチ

 - 旅行, 飼い主のバンコク生活 , , , ,