ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

ピピ島の絶景といえば!海の色が違う2つの湾が望めるビューポイント

   

ピピ島のおすすめ観光名所

ピピ諸島の中で最も大きく唯一の有人島であるピピドン島。
一般的にピピ島と言うと、このピピドン島を指すことが多く、ピピ島観光のメインになる島です。ピピ島観光このピピ島の外せない観光名所、陸地を隔てた2つの湾を望めるビューポイントを紹介します。

町のあちこちに出ている看板を頼りに、20-30分ほど階段や坂道(なかなかの急勾配 )を上り、高台にあるビューポイントを目指します。
ピピ島ビューポイントへの階段の道この30分、運動不足の身体にはかなり辛いです。そして時々地元の子供達がたったったったーと駆け上がって行き、なんとなく心にダメージをおいます。

ビューポイントは三カ所。1番きれいに見渡せるのは、ビューポイント2です。
この写真はそのビューポイント2から。
ピピ島ビューポイントからの景色実際はこんな風にひろーーーく見渡せます!
ピピ島ビューポイントからの景色写真左側がトンサイ湾、右側がローダラム湾。
2つの湾がお互いに背を向けているようです。
ピピドン島の独特な島の地形が生み出した素晴らしい景色、
疲れも吹っ飛び…はしませんが、疲れて悪くなった機嫌は治りそうです。
だから、ぜひ運動嫌いの人も頑張って登ってみることを、おすすめします。

ここで記念写真を撮る人が多いのですが、景色が素晴らしすぎて、合成写真のようになります。
それもまたよい思い出になるかと。ピピ島ビューポイントからの景色記念撮影ポイント色合いの異なる美しい海、2つの湾を望めるビューポイントは、長い階段を登って汗だくになっても、行く価値のある場所です。

もちろん、帰り道の下り坂もつらい。
けど、(もう1回言う)見る価値のある眺めです。ピピ島ビューポイントから町への帰り道

このビューポイントはフンファーガーデンという庭園の中にあり入場料がかかります。1人30バーツです。
フンファーガーデンからのこの眺めはガイドブックにもよく載っていて、ピピ島の観光名所になっています。
ピピ島へ行ってこのビューポイントへ行かない人は多分いないと思うんですけど、一応の備忘録。

 - 旅行, 飼い主のバンコク生活