ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

もうすぐ春節(中国正月)であるからして心の準備を。

   

タイの春節今年も中国正月の季節がやってきた

中国系住民の多いタイでは、毎年中国正月が盛大に祝われています。
春節前のこの時期は街中やデパートで中国正月のデコレーションもよく見られます。

うちの飼い主2は、父方の祖父が中国からタイに移り住んだ中国人。
なので父方の親戚は中国語とタイ語を話す中華系タイ人です。
毎年春節(中国正月)のお祝いは親族総出で欠かさず行っていて、
ハジャイ出身の飼い主2は、春節の期間は会社を休んで帰郷します。

今年2017年の中国正月は、1月28日土曜日。
これまで理由をつけて、私は参加したことがなかったハジャイでの春節行事。
今年は必ず参加するようにという事で、2人でハジャイへ行ってきます。

ワンジャイ(買い物へ行く日)・ワンワイ(お寺へ行ってお祈りする日)・ワンティアオ(親戚回りをする日)の正月行事の説明を聞いても、いまいち何をどうするのかよく分からない。
それにお父さんの親戚に会うのは今回が初めてでちょっと緊張するなぁ。

飼い主2と親戚の子供に渡すお年玉のことを話していた時に、
「小さい子だけで少なくとも20人はいる」
と言うので、
「それ大人何人いるの、何家族に会うことになるわけ?」
と聞いたけど、
親戚の数は覚えてないらしい。

って、どゆこと?

何着てけばいいんだろうと思って、
「チャイナドレス着ようか?」
とあくまで冗談のつもりで言ったら、
「着たければ着てもいいよ」
と言う飼い主2。

まじか。(ちょっと着たい)
チャイナ服を着た日本人が挨拶回りするっておかしいでしょ。おかしくないのか?
春節のイメージが全く湧かない。

あと飼い主2の実家に泊まるのも つ…つらい
タイ式トイレと冷水シャワーとノーエアコンの寝室に、顔で笑って心で泣くことになるだろうし。
家の中(壁)にヤモリが何匹もいるのも、私には受け入れ難いが、見て見ぬ振りしなくては。

前回実家にお邪魔した時は、絶え間なく食べ物を持ってきてくれる飼い主2の家族に、
自分がNOと言えない日本人だったことを痛感させられた。
そして4泊で5キロ太った。
もてなしてくれたのは嬉しかった。
でも人間は空腹な時間がないと、食べる喜びを失うと悟った。

今回の春節も、悟りの旅と思って備えよう。
バンコクでは飼い主2のおかげで、ストレスほぼゼロの生ぬるい日々を過ごしているから、たまには頑張らないと!

ハジャイから帰って来たら、春節について書きたいと思ってます。
行ってきます。

 - タイ生活, 飼い主のバンコク生活