ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

タイの害虫事情|羽のない羽蟻?夜、マレンマオがベランダに大量飛来

   

昨夜うちのコンドに、暗くなってから大量発生?大量飛来?した虫の話

気持ち悪いので虫嫌いの人は読まないほうがいいと思います。
バンコク夜に出る黒い虫昨日うちのコンドのベランダに謎の黒い虫が大量飛来しました。
本当に怖かったです。
夜7時頃だったと思います。
最初、猫のとらさんがベランダの窓の前で何かをじっと見ていました。なんだろうと思い近づき、とらさんの視線の先を見ると、窓のサッシの隙間から、小さくて黒い虫が、うにょうにょと出たり入ったりを繰り返していました。
しかも大量に!
アーーーーー!!!思い出しただけで寒気、鳥肌。

この1センチに満たない細長い黒い虫は、タイでは「マレーンマオ/マレンマオ」と呼ばれているらしい。
飼い主2になんとかしてもらおうと思ったら、飼い主2は仕事に夢中過ぎて、
「マレーンマオはすぐ死ぬから大丈夫」
と、謎の言葉を残し、慌てる私と攻め入ってくるマレンマオを無視。
「もう自分でやるしかない!」
隙間からひっきりなしに入り込んで来るマレーンマオを必死でベランダへ掃き出し続けました。

虫はうにょうにょ、くねくね動いていたので、毛虫の類の虫だと思ったけど、よく見るとアリっぽい。
シロアリ?羽蟻?かと思ったけど、羽はなくて地面を這うように室内に入ってきてる!
と思ったら、ベランダの地面に白くて半透明な小さな羽が大量に落ちていた!!
ああああああ・・・・怖すぎる。
どうやら、どこかから羽で飛んで来た後、ベランダで自分の羽を落として、這って部屋に入ろうとしているらしい。
ゾっとするな、これは。

マレンマオは掃き出しても掃き出しても、隙間からどんどん入ってくる。
日本の建物なら、こんな隙間はないから絶対入ってこないのに!と怒りを建て付けにぶつけていたら、
「部屋に電気をつけてたら、マレーンマオはどんどん入ってくるから、外に出よう」
と飼い主2が言うので、部屋の電気を消すために、買い物に出かけることにしました。
早く言ってよ、まじで。
1時間半後に部屋に戻ると、もうマレンマオはいませんでした。

どうやら、季節の変わり目、夏の初めに大量に発生する虫らしい。
そして外から飛んで来て部屋に侵入してくるマレーンマオ対策としては、部屋を暗くするしかないないらしい。

翌朝、つまり今朝、ベランダには何千という大量の羽が落ちていました。
羽の量の割に、蟻?の本体というか体の部分が全然落ちてないのはなんで???
下の階に落ちたのか?
その方が掃除は楽だけど、き・も・いーー!!!
こわいわー。ないわー。

どうしよう、窓の隙間、テープで埋めようかな・・・
でもテープを剥がす時に、糊部分に虫がびっしり付いていたら戦えない。
昨日だけの大量発生だと思いたいけど。

2016年3月1日追記:マレンマオは1日だけの大発生でした。毎日じゃなくて、ほんっとよかった。

 - タイ生活, 飼い主のバンコク生活