ヘナトラ バンコク日記

バンコクで暮らす日本人のタイ生活ブログ

*

アハーンタムサンが苦手です

   

お店にある材料を使って、お客のオーダー通りに料理を作ってくれるお店

ラーンアハーンタムサンが苦手です。
注文するだけでドキドキしてしまう…。
しかも毎回注文時には「あ”ぁ?!」&眉間にしわで聞き返されるので、私はいつもガパオガイ一択。
もはや私にとってはアハーンタムサンはガパオガイですよ。

この苦手意識のせいで、普段1人でラーンアハーンタムサンへ行くことは無いのですが、
先日飼い主2とオンヌット17のラーンアハーンタムサン、
「キアンヤワラート(เคี้ยงเยาวราช)」へ行ってきました。
タイの食堂飼い主2が注文してくれたのは、こちら。
センミー パットガチェー 。
パッカチェーこの茎がしっかりした草っぽい野菜はガチェー(グラチェート?)と言い、タイではよく見る野菜です。
子供の頃に遊んでいた触ると葉を閉じるオジギソウの仲間らしく、日本語名は水オジギソウといいます。

空芯菜ほど主張のない茎野菜として美味しくいただきました。
センミーのプニッとプチッとした食感とガチェーの食感が合うわけです。

それからこれ。コームートート ボラン。
コームートードとんかつを切って、カリカリの衣を外した様な、このお店のオリジナル料理。
コームートートボランは、私には油っぽすぎたけど、飼い主2は、
「珍しい!おいしい!」
と感動しながら食べてました。

別の日、飼い主2がまたキアンヤワラートへ行きたいと言うので、再訪問。

この日注文したのは、お店のおすすめ料理たち3品。
ムー・トート・ボラーン

コームーよりも脂身が少なくて食べやすい。
ムートードボラーン

クイッティアオ・クアガイ

鶏肉にはしっかり下味が付いてるけど、全体はあっさりめ。焦がし醤油の香りが食欲をそそる、日本人が好きそうな味付け。
クイッティアオクアガイ カイラブート

こんな料理初めてみた!サクサク!カリカリ!全然脂ぎってない!
美味ーーー!
1 人で食べるには大きすぎる位です。
硬めの立派なかき揚げの下にはライスが敷いてあります。
カイ・ラブートどこにでもある普通のラーンアハーンタムサンに、こんな料理があるなんてどうやったら、わかるのよ!

って正直言うと、お店の特別メニューは、ちゃんとタイ語で書いてあるんですけどね…

どうしても、メニューに写真が載ってて、これ!って注文できるお店に、安心と安らぎを感じてしまう。
アハーンタムサンが苦手なんじゃなくて、ラーンアハーンタムサンで人並みに注文もできない自分がいやだーー!
ちゃんとタイ語の勉強しないとな。
・・・と言い続けて早3年かぁ。

オンヌットソイ17のお店「キアンヤワラート」もおすすめですが、
オンヌット通りを挟んで、「キアンヤワラート」の反対側にある食堂「ナムティアン(น่ำเทียน by khanta)」もおすすめです。
なんでも美味しいんですけど、特にカオパットムーデーンが好きです。
炒飯ファンなら、ぜひ!
どちらのお店も好きなので、食堂のハシゴをする事もあるんですよ。

 - タイ料理・食堂, 飼い主のバンコク生活 ,